TRAINING 目的別トレーニング

#CASE1 姿勢・痛みの改善

整えて鍛えるから美しい姿勢が続く。

カラダの気付きを高め、筋バランス、動かない関節を神経・感覚系レベルで最適化。
正しく動けるシステム構築、歪み・痛みの原因を叩く。

硬い筋を伸ばし、弱い筋を鍛える。
正しいカラダの使い方を身につけ、
過剰に働いている筋が自然に抑制され、
筋バランスと関節の歪みが整う。
整体やマッサージだけでは筋や関節の負担はその場しのぎ。カラダの使い方を変え根本的な改善に力を入れています。

CONSULTATIONご相談例

猫背や反り腰、腰痛やヘルニアの再発予防など目指す方まで。
姿勢や歪み痛みのご相談例などと改善例をピックアップしご紹介します。

  • 太モモが太く、
    股関節が詰まり痛い

    腹横筋を活性化、背骨の安定性向上。腰椎骨盤帯と股関節を適切に動かし詰まり解消。お尻を多角的に鍛え前モモの負担軽減を達成。

  • XO脚が強く、
    お尻やモモ裏がブヨブヨ

    腹圧をコントロールし、腰椎骨盤帯と股関節の周囲の筋収縮感覚の改善をした。下肢骨の捻れ修正の為、臀筋の内転内旋の動的制御を改善した。

  • ストレートネック改善と
    ヘルニアの再発予防

    呼吸パターンを適正化しリフォーマーで使えていない胸椎を動かした。顎下や首前の弱い筋を鍛え背骨の正しい動きをトレーニングで習得した。

SESSION セッション例

目的・目標猫背と反り腰を修正し、
太もものハリと腰痛改善。

対処方法
整体・マッサージで改善しなかった猫背と反り腰。長時間の同じ姿勢で腰痛も出現していた。まずは緊張の高い筋をリリース、肋骨の開きや崩れた呼吸パターンを修正し腹圧をコントロール。胸椎の可動性を向上させながら体幹や股関節の筋収縮感覚が低下している筋に気付きを与え、姿勢に悪影響を及ぼす硬い筋を緩め、腸腰筋やハムストリングスなど弱い筋を徹底的に鍛えた。様々なエクササイズで適切な呼吸と背骨・骨盤のコントロールを行いトレーニングした。
実施後
反り腰や猫背が改善、安静時や運動時の呼吸も適正化。太もものハリ、下腹部の見た目も改善し長時間の同一姿勢後の痛みも消失。更なるボディラインの向上の為、お尻やモモ裏、バストラインを意識しトレーニングに励んでいる。

年齢:40代女性

週2回のトレーニング

相談内容

太もものハリや下腹部のたるみが気になる。
長時間座ると腰に痛みが出る。

  1. STEP 01

    Analysis & Planning分析&計画

    カラダをチェックし問題点を分析
    どこに問題点があるのか?既往歴、生活習慣、姿勢や関節の歪み、動作のクセ、筋バランス、栄養を把握し現状のカラダの問題点を分析します。
    カラダの状態を説明しゴールを共有
    カラダの状態と、今後どのような期間で変化をするのか、生活習慣におけるポイントも踏まえ丁寧かつ根拠のある説明をいたします。
  2. STEP 02

    Planningプログラム作成

    カラダの問題点に応じた
    エクササイズを選定
    問題点を分析した後に必要なエクササイズをオーダメイドでご提供いたします。
  3. STEP 03

    Reset & Exerciseリセット&エクササイズ

    軟部組織や呼吸のリセット
    生活習慣や繰り返しの動作でカラダや呼吸のバランスは崩れ、いつも過緊張状態。振動ツールで筋緊張を弛め、エクササイズで呼吸パターンを適正にリセットします。
    関節可動域と自律神経を整え、
    インナーマッスルを活性
    アクティブストレッチやラダーバレルで背骨の可動性を高め、緊張改善・自律神経を整えます。マシンピラティスなどで姿勢をコントロールする神経を活性化、インナーマッスルを中心に鍛えます。
    カラダの使い方を変え、
    使われていない筋を活性化
    筋バランス改善はカラダの使い方が重要。適正化した関節可動域で正しい動きを学習、過剰に働く太い筋肉を抑制し、美しい均整の取れたボディラインへ自然に変化します。
  4. Option

    Body Careボディケア

    コリや痛みが強い時は
    ボディケアをプラス
    疲労が強い時や、頑固な肩コリ・腰痛がある場合は、トレーニング前のボディケアがオススメ。マッサージやストレッチで疲労や痛みをリリースすることで効率良くセッションが進みます。
    トレーニング後のボディケアは、筋肉のコンディショニングにつながり、翌日の疲労を軽減します。